東京都食肉事業協同組合は、東京都内のお肉屋さん紹介を行っています。おいしくお肉を食べようよ!

  • twitter
  • facebook
  • お知らせ
  • 組合紹介

組合員専用ページ

お肉屋さん紹介

(有)栃木屋

栃木屋1

 「うちは肉屋というより、ケーキ屋という印象を受ける店舗です」。栃木屋(小関俊雄社長・目黒区八雲)の3代目・小関雄吾さんの店舗の特長を語る言葉に、好奇心をくすぐられる。ガラス張りで明るい雰囲気にデザインされた「ケーキ屋」らしい店舗は、枝分かれした道路の間に挟まれるように建つ、白壁で三角形のビルの1階にある。「形もショートケーキみたいなんです」。「ケーキ屋」は、店舗のデザインだけではなかったようだ。

店主より一言

栃木屋2

店舗情報

連絡先 TEL:03-3717-0243
FAX:03-3717-0243
住所 〒152-0023 目黒区八雲1-7-1
SNS

店舗PR、お知らせなど

栃木屋3

熱帯魚でお客と会話が弾むことも

 店舗に入ると、すぐに精肉が整然と並ぶショーケースが目前に。振り返ると、熱帯魚の水槽。揚げ物を揚げている待ち時間に、お客を楽しませたり、会話のきっかけになったりするアイテムだ。その横の壁には、雄吾さんが作る「栃木屋肉店かわら版」。店内で使うミートスライサーの写真入りの解説が興味をそそる。それと並べて「栃木屋の歴史」が当時の写真入りで綴られていた。

昭和初期から3代  

 東急都立大学駅近くの目黒区中根で、昭和10年に開業。初代・八十次さんが地域の配達に自転車を走らせて業績を伸ばす中、小関さんは昭和39年に22歳で家業に入る。小さい時から手伝ってはいたが「初めは嫌だった」のでサラリーマンを志望。しかし、家族だけで店を切り盛りすることとなり、決意を固めた。

 父から技術を見よう見まねで習い、力仕事も多く、「大変なことばかり」。当時の一番苦労したことを尋ねると、すぐには思いつかないような小関さんに「多すぎて、思い出せないのでは?」と雄吾さんが笑う。その労苦が実り、昭和50年には木造から鉄筋コンクリートの店舗に建て替え。昭和62年には駅前再開発で現在の目黒区八雲に移転した。妻・美津子さんと築き上げた、「ケーキ屋」のような店舗である。

 そのような両親の姿を見て育った雄吾さんは、お店の仕事をやりたくて「初めから継ぐつもりでいた」。食肉学校で技術を磨き10年以上が過ぎた今では、お店のこと全てに気を配る中心的存在だ。「よくやってくれている」と、小関さんも目を細める。

 雄吾さんにとっての仕事の魅力は「やっただけ反応があること」。売上はもちろんのこと、肉をきれいに並べれば、「並べ方がきれい」とお客が言ってくれるだけで嬉しくなる。スーパーで買い物しても「肉だけは、ここで買う」と通ってくれるお客の声に、やりがいを感じる日々だ。

 それだけに、品質には細かく配慮。牛肉は九州の和牛を中心とするが、産地はこだわらずに良い物を厳選。ショーケースには常に新しい精肉を並べ、鮮度の高さを意識する。発色を良くするために、切ったらすぐに冷蔵庫に入れ、お客の目に見栄えする工夫を欠かさない。少しでも劣化すれば、小関さんが「まだ大丈夫」と思うものでも下げてしまう。

 「自分たちが大丈夫と思っても、お客さんが品質に疑問を持ったら、次につながらない。その方が、お客さんも信頼してくれます」

 こうした徹底ぶりを評価しながらも「儲からなくなっちゃった」と苦笑いする小関さんに、「でも、得るものは大きいと信じています」と雄吾さんは胸を張る。
栃木屋4

雄吾さんが描いた小関さんと美津子さんの似顔絵のポップ

飽きさせない工夫

 一番重点を置いていることは、人とのつながりだ。対面販売の命であるお客とのコミュニケーションを大切にしているが、作業に忙殺される時には肉料理のレシピやポップなどを使い、接点を作りだそうと努力する。

 「修業中にファンを作ることを教わりました。お客さんを飽きさせないよう工夫しています」

 ショーケースのポップには、「鍋にはこれが一番!」「生姜焼きならこちらがオススメ!」と精肉に目を向けさせるものもあれば、揚げ物の種類の豊富さと味見したくなるコメントを添えたものが店頭を飾る。美津子さんが作る惣菜メニューは、「キッチン美津子」と銘打ちおふくろの味をアピール。その名を聞いて「食べに行きたい」と、別店舗があると勘違いされるほど、人気を集める効果を出している。雄吾さんの絵心が生きた、職人気質の風格をにじませる小関さん、フライパンを手に微笑む美津子さんの似顔絵も、店内を和ませるマスコットのようだ。

 「言葉を簡単に、表現も柔らかく」を心がけ、一枚のポップやポスターに特長、写真、お店のカラーを凝縮。お客が向ける一瞬の視線を捉えるため、一枚一枚に思いを込める。その積み重ねが、お客の関心を集めているようだ。

 長年にわたり築いたお店の信頼と商品力に加え、雄吾さんのお客をつかむ発想力。これをさらに発展させ、お店を大きくするのが目標だ。その先には、新鮮で美味しい肉を食べられる焼肉店を展望する。

 「道は険しいですけど、知名度を上げていけば夢ではないかなと…」

 「ケーキ」がサイズを変えたら、どのようなデコレーションをするのかが楽しみだ。

【「東京食肉新報」2016年(平成27年)3月号掲載】

前のページに戻る

レシピ紹介

写真-1

金沢風・ハントンバターライス

バターライスに半熟玉子とチキンカツを組み合わせてボリュームいっぱいに

写真-1

マヨ入りふんわりハンバーグ

マヨネーズの効果で柔らかくジューシーな仕上がりに

写真-1

鶏むね肉のキエフ風チキンかつ

フライ&ローストで香ばしくコクのあるガーリックバターソースの風味

写真-1

牛焼肉入りポテトサラダ

焼肉を加えてポテトサラダを添え物から主菜型のおかず料理に

レシピ1

豚焼きしゃぶと焼き野菜のプレート

3種の焼き野菜のガロニを組み合わせた超うす切り豚肉の「焼きしゃぶ」

写真-1

油で揚げない 焼きトンカツ

少しの油で焼き揚げながら香ばしくてカロリー控え目に

写真-1A

豚肉団子と春雨・野菜のスープ煮

肉団子と野菜で具だくさんの熱々スープ料理

写真-1

牛焼肉とレタスのマカロニサラダ

野菜に肉を加えて脇役のサラダを主役の惣菜に

写真‐1

ひと口牛ステーキ&鶏焼きしゃぶ弁当

牛肉と鶏肉の料理を同時に詰めた贅沢感

写真-1-1

リンゴ入り鶏皮なし唐揚げ

リンゴを中に入れ、酸味と甘味で新たなうま味を

お肉屋さんを探す

  • 地域から探す
  • こだわり条件から探す
  • お得なギフト券・クーポン券のあるお店

今月のお肉屋さん

DSCN9324

秋田屋支店

124-0004
葛飾区東堀切3-1-3


美味しいお肉は専門店で♪

食肉組合のマスコットキャラクターモグモグ

こんにちは。ボクたちは食肉組合のマスコットキャラクターです。
ボクの名前はモグモグ。お姉さんの名前はメイプル。
組合員のお店で買い物すると、手提げのビニール袋や包装紙に印刷されているよ。

東京都食肉生活衛生同業組合/東京都食肉事業協同組合

電話でのお問い合わせ 03-3471-6161

ご相談・お問い合わせ


営業時間 9:00~17:00 定休日:土曜・日曜・祝祭日

MAP〒108-0075
東京都港区港南2-7-19 東京食肉市場センタービル811