東京都食肉事業協同組合は、東京都内のお肉屋さん紹介を行っています。おいしくお肉を食べようよ!

  • twitter
  • facebook
  • お知らせ
  • 組合紹介

組合員専用ページ

お肉屋さん紹介

(株)日南

IMG_4651

特選肉を取り扱うお店

モツを取り扱うお店

人気のお総菜のお店

小売業・卸業のお店

豚肉を取り扱うお店

鶏肉を取り扱うお店

橋口社長を先頭に社員全員が心を合わせ、掲げた目標に向けて業務に取り組んでいる


自動車の通りが激しい道路に面し、住宅と並ぶように㈱日南(練馬区旭町、橋口義明社長)の社屋はある。掲げられた看板を見なければ、この中で精肉をさばき、牛50~60頭が収納できる冷蔵庫を持つ施設とは気づかないかもしれない。地上6階・地下1階の社屋の威容は、時代に必要なものをそろえ、発展し続けてきた姿そのものでもあった。

店主より一言

店舗情報

連絡先 TEL:03-3977-2983
FAX:03-3930-2983
住所 〒179-0071 練馬区旭町1-42-2
URL nichinan2983.co.jp

店舗PR、お知らせなど

 「これからの日本の食生活は、欧米的になる」。まだ肉が貴重だった昭和30年代、中学生だった橋口社長は、食肉は必ず売れると予感した。以来、肉のおいしさの感動とともに、独立して店を持ちたいと常に模索。異業種に勤めていたが、縁あって食肉の内臓を取り扱う小さな店で3年間修業することになった。

 朝6時から夜8時までの勤務、休みは月2日。厳しい環境ながらも、内臓を取り扱う面白さにのめり込む。遊びたい盛りの年頃に、住み込みで仕事。給料は独立資金にと将来を夢見た。ついに独立を果たしたのは24歳、昭和40年のことだった。

 杉並区阿佐ヶ谷に食肉卸売業で開業したが、最初の1年間は売ることで精いっぱいとなり、苦難の連続。しかし、日本経済の高度成長が味方し、内臓だけでなく、牛、豚、鶏も扱うと、「一生懸命働けば、面白いように売れ」て、業績は右肩上がりに。昭和45年には、現在の地に社屋を設け、「株式会社日南」として、新たなスタートを切った。

 発展を続けられたのは、時代の一歩先を読む姿勢が決め手だった。まだ食肉業界で衛生管理に乏しかった昭和50年代、「欧米並みに施設を整える必要」を感じ、オーストラリア、アメリカ、カナダの食肉工場を視察。工場外に臭いがせず、衛生面に優れた設備に驚いた。これを参考に、衛生管理の優れた設備に自社工場を改良し、取引先などからの安心を勝ち取った。近年のBSEや口蹄疫、O‐157などの被害が話題になる中、乗り越えてこられたのは、この設備の信頼感が大きい。

 肉の商品価値も高めていった。枝肉は骨付きで小売店に納入するのが当たり前だった昭和40年代、お客の使い勝手に配慮し、部分肉にして卸した。同業者から「そこまでやる必要ない」と笑われたが、実際には大ヒット。ブランド牛の扱いもニーズに応えて充実し、喜ばれている。

 これらは多くの業者が実践している現在だが、「先取りしていました」と笑顔が弾ける。
IMG_4657

社内に掲げられているスローガンは「和」

4つの主義を掲げ

 社屋のエレベーターのドア横に「和」と書いた紙が貼られている。今年の社内のスローガンだ。社員全員がチームワークを活かし、仲よく、協調性を持ちながら、発展を目指すとの思いを込めた。スローガンは、会社の状況、業績、他社との比較などを踏まえて、毎年決めている。

 同社は「お客様第一主義」「安全第一主義」「現場第一主義」「トップ第一主義」の4つの主義を掲げる。中でも「トップ第一主義」は「地域一番店になろう」との決意を込めた。これを朝礼で全員が唱和。「和」の文字通り、全社員が一体となり同じ目標に向かう。

 それには人材が大事だが、食肉業は3K職場どころか「6Kになるくらいに、忙しくて、汚れて、重労働」なので、優秀な人材をいかに確保、維持するかが課題だ。機械化が進んではいるものの、精肉には細かい手作業を必要とするなど、やはり人の力は欠かせない。それに限らず、どの分野でも社員全員が人材となるべく「和」「協調」「積極性」を旗印としている。その思いは、事務所や工場、配達車で機敏に動く社員一人ひとりに、清潔感のある社屋の隅々にまで行き届いているようだ。
IMG_4660

光が丘店には夕方の買い物客で賑わう

若手組合員へ期待

 小売り精肉店が減少していく中で、橋口社長は「小売店を5~6店、増やしていきたい」と意気込む。それは、今後の難しい時代の経営を乗り越えようとする若手組合員へのエールでもある。

 大手スーパーなどが乱立する激戦の小売業で勝ち抜くには、「いろいろな策を考え、地域の特異性、人口などの情報収集」が大事。その一つに首都圏でも多くなりつつある、商店街のシャッター通りにあえて目をつける。高齢者が多い地域は逆に言えば、車で大手スーパーへ行くのが困難なため、近所で買い物ができる店を必要としている。しかも、商店街は立地条件なども良く、利便性が高いため、ビジネスチャンスはあると橋口社長は見る。

 モデルケースとして、今年には北区の十条銀座商店街に小売店をオープンした。JR東十条駅に近く、近隣住民に親しまれた商店街に、豊富な種類の精肉をそろえる。また、本社に近い光が丘店は、集合住宅が立ち並び、地下鉄の駅に直結した商業施設の中にある。ともに地域の調査を踏まえたことが窺われる立地だ。

 これらを模索しながら、若手組合員には2~3店の多店化による小売店の復活を、橋口社長は期待する。今後自ら新たに展開する小売店が、若手組合員の希望となるようにと、慈父のような顔に見えた。


【「東京食肉新報」2014年(平成26年)12月号掲載】

前のページに戻る

レシピ紹介

DSC03150

鶏肉とキノコの味噌バタースープ煮

鶏肉に出汁を染み込ませた具だくさんのスープ

レシピ1

味に深みが加わったチーズinハンバーグ

肉と相性のいいチーズを挟んで、味にコクを出したハンバーグ

レシピ1

牛シャリアピン・ステーキのプレート

玉ねぎの力で歯応えが優しい柔らかなステーキ。高級ホテルが生み出した調理法で、味付けも上品に

牛赤身肉とゴロゴロ野菜のバター焼き

味付け焼肉に多くの彩り野菜を加えてヘルシーに

レシピ1

ボリューム満点・ハンバーグ挟みトンカツ

ハンバーグを肉で挟んで揚げた「とんかつ」で2種類の食感が楽しめる

レシピ1

タイ風・ピリ辛・鶏モモ肉から揚げ

南国スパイスが効いた「から揚げ」でスタミナと食欲増進に

お肉屋さんを探す

  • 地域から探す
  • こだわり条件から探す
  • お得なギフト券・クーポン券のあるお店

今月のお肉屋さん

DSCN4099

(株)近江屋牛肉店

104-0045
中央区築地4-14-1-104


美味しいお肉は専門店で♪

食肉組合のマスコットキャラクターモグモグ

こんにちは。ボクたちは食肉組合のマスコットキャラクターです。
ボクの名前はモグモグ。お姉さんの名前はメイプル。
組合員のお店で買い物すると、手提げのビニール袋や包装紙に印刷されているよ。

東京都食肉生活衛生同業組合/東京都食肉事業協同組合

電話でのお問い合わせ 03-3471-6161

ご相談・お問い合わせ


営業時間 9:00~17:00 定休日:土曜・日曜・祝祭日

MAP〒108-0075
東京都港区港南2-7-19 東京食肉市場センタービル811