東京都食肉事業協同組合は、東京都内のお肉屋さん紹介を行っています。おいしくお肉を食べようよ!

  • twitter
  • facebook
  • お知らせ
  • 組合紹介

組合員専用ページ

お肉屋さん紹介

(株)マルマンストア 本社PCセンター

CIMG3290

特選肉を取り扱うお店

モツを取り扱うお店

人気のお総菜のお店

小売業・卸業のお店

豚肉を取り扱うお店

鶏肉を取り扱うお店

米国のリンカーン大統領のように、堂々とした姿で椅子に座っている像が昨年11月18日に除幕された。モデルは㈱マルマンストア(中野区中野)の柳萬治会長。花火のようにはかないパーティーより、長く後世に残るものをと、日越洋治社長が柳さんの米寿の誕生日を銅像で荘厳した。像は功績を伝えるだけでなく、会社の発展に大事なものも刻まれている。

店主より一言

店舗情報

連絡先 TEL:03-3368-1111
FAX:03-3366-1772
住所 〒164-0001 中野区中野1-60-11

店舗PR、お知らせなど

DSCN3195-1

地上2階地下3階の本社社屋前に、地下にある小売店の入口がある

牧場をやりたくて

 新潟県柏崎で昭和19年に小学校高等科を卒業した柳さんは、いすゞ自動車の前身の軍需工場で終戦を迎え、その後は九州の炭鉱、横浜の堤防工事などを経験。自宅が乳牛を飼っていたことで、大牧場の経営を志す。神奈川県小田原市のでん粉工場の工場長が同郷であったことで、紹介を得て家畜農家で働き、またその農家に出入りしていた箱根の精肉店から誘いを受けた。全て牧場経営の夢のためと、人一倍働いた。朝4時に起床、農家で豚を買い付け、屠場の帰りに精肉店へ卸し、帰ると旅館やホテルに肉の配達。寝るのはいつも夜12時頃だった。

 精肉店の修業が10カ月を過ぎた頃の正月、あいさつに行った原宿の叔母の家に泊まり、朝に買い物を頼まれて原宿通りの商店街へ行くと、広さ8坪の建て売りの商店が目に留まった。「こんな所で、肉屋をやってみたい」。叔母に事情を話して協力を仰ぎ、昭和25年、ちょうど20歳の時に精肉店を開業した。

 開業しても待っているだけではお客が来ないので、天ぷらやコロッケなど惣菜を作って近隣へ売り歩いた。得意先も多くなったところで仲間を得て、開店したばかりの店舗を売り、新宿で新たに開業。車も買って卸しにも幅を広げた。卸し先が増えていく中で、中野に代金未払いのお店が。それがきっかけで昭和27年、現在の本社のすぐ近くに位置するそのお店を柳さんが再スタートさせることになった。

 中野では知名度がなかったので、顧客を作るために飲食店の皿洗いを手伝って信頼を得るなど、体当たりの営業を続けた。やがて、精肉の小売りと業務用の卸しで経営は安定。ライバル店が増えていく中でも店舗数は増えていった。しかし、市場の様子を見てスーパーの時代の到来を察知。昭和44年から食品主体のスーパーを始動し、20店舗以上展開した精肉店をスーパーへ転換、昨年9店目をオープンした。
DSCN3216

夕方に賑わう本社地下の小売店。従業員が精肉のカットや販売など複数の業務を受け持つ

負けん気が成功に

 事業をここまで大きく出来たのは、柳さんの負けん気の強さが原動力だ。少年時代の同級生や青年期の同僚から受けた辛い仕打ちにも、「今に見てろ」と将来の成功を目指した。そのために、仕事では「人の嫌がること」「人のやらないこと」「人のやれないこと」の3つを実践。どこへ行っても重宝がられ、人の心をつかんでいった。こうしたことから「他人には親切に」の心が養われ、事業の進めていくうえでも大事な要素となっている。

 店舗の数が増えていく中で、一番の課題が従業員の教育だった。食肉の知識がない、計算ができない、中には不祥事を起こすことも。それでも柳さんが、歩留まりや計算尺などを教え、脱骨などの技術を伝え、親身になって接した。現在でも、対面販売、精肉のカット、卸先への配達と、何でもできる人づくりが実践されている。

 「一生懸命やれば良いことある、と思ってくれるように」と、9つのスーパーを展開する規模になった今でも、従業員を思う心は変わらない。
DSCN3196-1

銅像には「歓喜」「授与」「繁栄」「幸福」の文字が刻まれている

今でも通じる精神

 スーパーとなっても、精肉店の強みが生きている。本社地下にある作業場では、枝肉をさばいてパーツに分け、各店へ配送。開店当初は魚の方が高い売り上げも、やがて味の良さに気付いたお客によって精肉の方が高くなる。決まった餌と飼育期間で育てた埼玉県産の「金井豚」は、一般の豚肉と違いが判るお客がいるほどだ。

 唯一の精肉の専門店が本社地下で展開している。カウンター裏でさばかれた精肉が並び、手ごろな価格で提供。ローストビーフなどは、柳さんが昔から作ってきた手作りの味に。夕方になると近隣の主婦などが来店し、精肉店の原点は健在だ。

 「肉を強みとした店を展開したい」と、日越社長は都心で駅前の立地でさらなる拡大を目指す。目を付ける物件は、フロアの形が不便などの理由で他社が難色を示したところ。それを工夫と発想力で繁盛させてきた。商品への考え方、従業員への対応、事業への発想が「すべて同じだから、何も言うことはない」と、柳さんは日越社長へ全幅の信頼を寄せている。

 「お客さんに喜んでいただくことで、会社は繁栄し、社員が幸せになる」

 柳さんが30歳の時に打ち立てた商売への精神を、日越社長も「今でも通じるもの」と自身の心に刻む。

 「歓喜」「授与」「繁栄」「幸福」

 銅像に刻まれた言葉は、銅像とともに何十年、何百年と会社を発展させていく宝の言葉として伝えられていく。

【「東京食肉新報」平成30年1月号掲載】

前のページに戻る

レシピ紹介

DSC03150

豚バラ肉と4種根野菜の炒め焼き

味付け豚肉と同量の野菜を組み合わせてヘルシーに

レシピ1

味に深みが加わったチーズinハンバーグ

肉と相性のいいチーズを挟んで、味にコクを出したハンバーグ

レシピ1

牛シャリアピン・ステーキのプレート

玉ねぎの力で歯応えが優しい柔らかなステーキ。高級ホテルが生み出した調理法で、味付けも上品に

牛赤身肉とゴロゴロ野菜のバター焼き

味付け焼肉に多くの彩り野菜を加えてヘルシーに

レシピ1

ボリューム満点・ハンバーグ挟みトンカツ

ハンバーグを肉で挟んで揚げた「とんかつ」で2種類の食感が楽しめる

レシピ1

タイ風・ピリ辛・鶏モモ肉から揚げ

南国スパイスが効いた「から揚げ」でスタミナと食欲増進に

お肉屋さんを探す

  • 地域から探す
  • こだわり条件から探す
  • お得なギフト券・クーポン券のあるお店

今月のお肉屋さん

DSCN4313

マイスタームラカミ

180-0023
武蔵野市境南町3-19-8


美味しいお肉は専門店で♪

食肉組合のマスコットキャラクターモグモグ

こんにちは。ボクたちは食肉組合のマスコットキャラクターです。
ボクの名前はモグモグ。お姉さんの名前はメイプル。
組合員のお店で買い物すると、手提げのビニール袋や包装紙に印刷されているよ。

東京都食肉生活衛生同業組合/東京都食肉事業協同組合

電話でのお問い合わせ 03-3471-6161

ご相談・お問い合わせ


営業時間 9:00~17:00 定休日:土曜・日曜・祝祭日

MAP〒108-0075
東京都港区港南2-7-19 東京食肉市場センタービル811