東京都食肉事業協同組合は、東京都内のお肉屋さん紹介を行っています。おいしくお肉を食べようよ!

  • twitter
  • facebook
  • お知らせ
  • 組合紹介

組合員専用ページ

お肉屋さん紹介

秋田屋支店

DSCN9324

特選肉を取り扱うお店

モツを取り扱うお店

小売業のお店

豚肉を取り扱うお店

鶏肉を取り扱うお店

 水曜日と土曜日になると、秋田屋支店(原照男社長、葛飾区東堀切)には特売の揚げ物を求めるお客が押し寄せる。ガラス張りで陽の光が注ぐ明るい店内。コンパクトにまとまったレイアウトで、派手な演出などはない。周辺は閑静な住宅街で周辺には商店がまばらにある程度。それでも、お客が引き寄せられるお店の魅力とは。

店主より一言

店舗情報

連絡先 TEL:03-3601-5892
住所 〒124-0004 葛飾区東堀切3-1-3

店舗PR、お知らせなど

DSCN9326

店内に入るとすぐ買える位置に揚げ物が並ぶ。特売日は行列ができて間に合わないほどに

「特売は、水曜日はとんかつ、土曜日はコロッケ。みんな揚げたてを欲しがるね。だけど、揚げておかないと間に合わない」

 他にもポテトコロッケやから揚げ、ハムカツ、アジフライなど、種類は豊富。夕方3時を過ぎると、原さんは包丁を手に仕込みを始める。具材の玉ねぎは全て手切りだ。「今の人は、自分では作らないでしょ。その分、手をかけないと」と妻・るり子さん。夫婦で息の合った連係プレーで、揚げ物の下ごしらえをしてお客を迎える準備を進める。

叔父の手伝いから

 現在の店舗から約1キロ離れた隣町の白鳥で、叔父が同店を営んでいたことから約50年前、もともとは全く食肉には縁がなかったが、20歳を過ぎた原さんはお店を手伝うように。業務に慣れてきた25歳頃、亀戸の卸業中心の精肉店へ住み込みで仕事に励んだ。早朝から近隣の料亭や飲食店、時には上野まで配達。賑やかな街で様々に精肉店としてのキャリアを積んだ30歳頃、叔父の勧めで同店を引き継ぐことになった。

 一国一城の主となったが、開業からしばらくの間は厳しい売れ行き。近隣にチラシを入れたりはせず、地道にお店を切り盛りし続けた。やがて店舗の大家が経営する食堂に肉の配達の依頼が。それから次第に客足が増え続け、軌道に乗り出した。

 さらにお店を盛り上げたのは揚げ物類。「とんかつやコロッケを特売すると良い」という先輩からのアドバイスを実践。肉が良いので美味しさが評判を呼び、品数も増やしていくことでさらに人気が出た。

 長年にわたって親しまれてきた店舗は2010年、老朽化により取り壊しで立ち退きが決定。新たな移転先を探していると、空き物件になっている現在の店舗を偶然見つけた。交差点にあって目に付きやすく、信号待ちをしている車からはしっかり認識される。

 原さんは気に入って移転を決めたが、反対したのは得意客だった。「近くに良い物件があるから、そこに移転してほしい」と熱望するお客もいたが、自らの目で見て決断することが大事と初志貫徹。現在の地で再開したところ、元の店舗の常連客が引き続き通うように。お店と原さん夫婦への愛着が、いかに深いかを実感する再スタートとなった。
DSCN9333

交差点に建つ店舗

移転先で相乗効果

 移転当初は周辺に商店がなく、人通りもまばら。その半年後にオープンした、交差点の向かいのコンビニでは近隣に青果店がないため、野菜も販売している。そのため、精肉と青果がそろう2店に買い物客が増え、思わぬ相乗効果を生んだ。

 品揃えでも現代のお客のニーズをつかんだ。きれいに磨かれたショーケースには、黒毛和牛はもちろん、国産の豚肉、鶏肉を用意している。モツはすぐに調理できるようにあらかじめ茹でたものを販売。「ここのモツを食べたら、他のお店のものは食べられない」と語るお客がいるほど好評で、もちろん同店のもつ煮込みは冬の売れ筋だ。さらに、スタミナ漬け、みそ漬けなどに加え、ハンバーグは特に人気がある。時間をかけずに簡単に調理できて、しかもおいしいという手作りによるメニューの数々は、長年の常連客だけでなく若い主婦の心もつかんでいる。
DSCN9330

上質な国産の精肉のほか味噌漬けなど簡単調理の商品も人気

地域活性のために

 交差点で信号待ちをしているバスの乗客が「ここのお肉が美味しい」と車内で会話。近所の小学校の先生が訪れ、「子供たちが美味しいと噂をしている」と写真撮影を。地域には口コミで評判が浸透している。

 同店は交差点を挟んでコンビニ、うどん店、お好み焼き店が向かい合う。地域活性のために、「競合するより、何でもお店があれば」と語る原さん。周辺の精肉店は少なくなり、食肉業界も厳しい環境だが、「若い人が続けてくれれば、結構いい商売になるのでは」と、展望する。

 地域とお肉をつなげる交差点。信号機よりも目を引く赤い看板で、今日も道行く人の衆目を集める。

【「東京食肉新報」2020年(令和2年)6月号掲載】

前のページに戻る

今月のお肉屋さん

DSCN0773

meat&deli355 飯田ミートストアー

142-0041
品川区戸越2丁目6−8

レシピ紹介

写真-1

豚チンジャオロースと鶏・野菜の素揚マリネ

8種類の野菜を豚肉料理・鶏肉料理に組み合わせたヘルシーなプレート

写真-1

豚・肉じゃがのスープ煮

レンジ加熱で食べたい時に出来立てホカホカで食べられる

写真-1

豚肉から揚げ&ポテトの冷菜サラダ

ポテトサラダに豚肉から揚げを加え、ご馳走感のある「おかず」惣菜に大変身

写真ー1

ハンバーグ&肉野菜炒めのW弁当

肉料理の超定番メニューの組み合わせで美味しさとボリューム一杯

写真-1

蜂蜜と醤油の黒いから揚げ

蜂蜜が生み出す揚げ色の黒さは注目度も高く

お肉屋さんを探す

  • 地域から探す
  • こだわり条件から探す
  • お得なギフト券・クーポン券のあるお店

美味しいお肉は専門店で♪

食肉組合のマスコットキャラクターモグモグ

こんにちは。ボクたちは食肉組合のマスコットキャラクターです。
ボクの名前はモグモグ。お姉さんの名前はメイプル。
組合員のお店で買い物すると、手提げのビニール袋や包装紙に印刷されているよ。

東京都食肉生活衛生同業組合/東京都食肉事業協同組合

電話でのお問い合わせ 03-3471-6161

ご相談・お問い合わせ


営業時間 9:00~17:00 定休日:土曜・日曜・祝祭日

MAP〒108-0075
東京都港区港南2-7-19 東京食肉市場センタービル811