東京都食肉事業協同組合は、東京都内のお肉屋さん紹介を行っています。おいしくお肉を食べようよ!

  • twitter
  • facebook
  • お知らせ
  • 組合紹介

組合員専用ページ

お肉屋さん紹介

栄和畜産

DSCN6673

特選肉を取り扱うお店

モツを取り扱うお店

人気のお総菜のお店

小売業のお店

豚肉を取り扱うお店

鶏肉を取り扱うお店

 長年にわたり地域に親しまれてきたと分かる年季の入ったマーケットに栄和畜産(染谷隆社長、武蔵村山市学園)はある。夕方になると、昔から通っているであろう主婦や、小さな子供の手を引いた若い女性の姿が次々と。時を重ねて積み上げたお店の商品力と信頼は言うまでもないが、品ぞろえやアピール力など、染谷さんは新たな努力も積み重ねている。

店主より一言

店舗情報

連絡先 TEL:042-564-9813
FAX:042-564-9813
住所 〒208-0011 武蔵村山市学園3-41-5

店舗PR、お知らせなど

DSCN6657

A4クラス以上の国産和牛を用意しているが、ニーズに応えて赤身の多いものもそろえている

 店内に入ると、ショーケースに並ぶ精肉の豊富さに目を見張る。牛豚鶏の三種の精肉が、ステーキ用、しゃぶしゃぶ用、スペアリブなど、多彩な品ぞろえ。ただ多いだけではない。品質も「昔から良いものを使っている」と染谷さんが胸を張るほど厳選したものばかりで、牛肉はつややかでサシが綺麗に入った4番以上の国産和牛が。特に前面に出しているのが群馬で育てられている「下田さん家の豚」。市内に営業所があるためというだけでなく、臭みがなく、甘みがいいのが、お気に入りだ。

 肉の脂は旨みの要素の一つだが、染谷さんはなるべく削り、肉の美味しさを引き立てる。年配者が脂を避けることはよく聞かれるが、最近では若年層でもその傾向にあり、赤身志向の年齢層は幅広くなってきているという。

 「サシ入りと一緒に、赤身の強いのを並べています。それでも脂が多いと言われることもあります」

 赤身のためにランクを下げるのは避けたいところと、消費者の要望に歯がゆさが。
DSCN6658

牛・豚・鶏の3種を様々な用途に応じて豊富な品揃えに。ポップも見やすくてかわいい

独学で身に着けて

 昭和45年に開業した同店は父・和弘さんが、それまで近所の団地内で営業していた精肉店から独立して始まった。団地の賑やかさに加え、精肉と惣菜類が評判を呼び、店舗前の通りは人だかりで通れないほどの活気が。販路も広がっていき、多くの顧客にお店も商品も愛された。

 20年前から当時27歳の染谷さんがお店を担うことに。それまで、ドライバーや土木作業、アパレルなど、様々な仕事に就いていたが、和弘さんから声がかかる。幼少期に精肉を並べたり、ジャガイモを洗ったりと、手伝いはしていたが、「店に入る気は全然なかった」。

 お店には立ったが、「背中を見てろ」というタイプの和弘さんから詳しく仕事を教わる機会はなかった。しかも、継いでしばらくしたら、一線を退いてしまう。大体のことはできたが、細かいところはわからない。食肉に関する書籍を読み漁ったり、困った時には組合員や親戚が世田谷の松陰神社で展開している「肉の染谷」で聞いたりと、独学で技術と知識を磨いていった。

 一番の先生は常連客だった。肉の趣向や切り方など要望を聞くと、その通りに実践。反響をもとに品ぞろえに変化を持たせ、売れ筋を模索した。やがて焼肉用やスペアリブなど、時代を捉えた商品も扱い好評を得た。最近ではお肉に詳しい一般消費者が聞き慣れない部位やブランドを求めることもあるので「こちらも勉強です」と染谷さん。今後は若年層の心をつかむため内臓肉の充実を思案中だ。

 また、フェイスブックを使い、お肉の情報を発信。精肉や惣菜類の紹介だけでなく、特売情報、お肉の豆知識など、消費者の興味をそそる内容に。「少し専門的で、面白みを出した、役立つ情報を」と、染谷さんの人柄とお店の魅力が詰まっている。
DSCN6671

長年にわたり愛されている鶏のから揚げは甘くてしっとりとした仕上がり

から揚げに涙する

 常連客の心をつかんでいるのが惣菜類で、コロッケやメンチはもちろん、20㌢はありそうなロースカツは数ある惣菜類で目を引くのに十分。そのまま食べてもおいしい特注のパン粉を使い、和弘さんの代から約40年にわたりお店の味を守り続けている。

 特にお勧めは鶏のから揚げだ。むね肉を使い、醤油、生姜を効かせながら甘い味付け。しっとりとした優しい歯触りは、水分が逃げないようカタクリをまぶして揚げる。味付けの定番のニンニクは使わず、誰でも好き嫌いなく食べられる味に仕上げている。

 先日、手にしたから揚げを食べて涙する男性が。聞けば、少年時代に食べ慣れていたが、その後に引っ越し。数十年ぶりの再訪で食べたから揚げは、当時と変わっていなかったことに懐かしさが込み上げてきたと。長年変わらぬ味は、時間と距離を越えた価値を持っているようだ。

 その他、「やわらかスペアリブ」「肉団子」「牛筋煮込み」など、「お肉を美味しく食べさせる」お肉料理が。美味しく見せるようショウウインドウの照明を蛍光灯からLEDに替えるなど、演出にも力を注ぐ。おしゃれで見やすく、デザイン性が高いポップやポスターは、アパレルで得たカラーコーディネートの知識を生かし、パソコンで自作したものだ。

 「店を維持するだけで精いっぱいだけど、やりたいことはたくさん」と、趣味で撮影した列車の写真を背に先を展望する。妻・友紀子さんを車掌に、お店に愛着を持つ多くの常連客を乗せて走る「栄和畜産」号。染谷さんが機関士となりハンドルを握る列車の線路の向こうには、どのような景色が広がっているのだろうか。

【「東京食肉新報」令和元年5月号掲載】

前のページに戻る

レシピ紹介

写真-1

プチ豚テキと一口野菜のガーリック焼肉

焼肉とたっぷり野菜を組み合わせてヘルシーに

写真-1

ボリュームたっぷり・鶏肉三昧弁当

サラダチキン・鶏そぼろ・鶏照り焼き3品を盛り付けた豪華なお弁当

レシピ1

シャキシャキもやしin生姜焼きハンバ-グ

豚肉の味を引き立てる生姜焼きのタレで風味豊かに

写真-1

チーズinチキンカツ

お肉とチーズのうま味をコラボさせた2倍の美味しさ

写真-1

ボリュームたっぷり・豚肉三昧弁当

生姜焼き・味噌炒め・そぼろ煮と豚肉料理を贅沢に三点盛り

写真-1

平切り鶏ムネ肉のから揚げ

平たく切った淡白な鶏ムネ肉にコク、衣にふっくら感を出し、「定番」に新たな要素を加えた唐揚げ。

写真-1

チキンステーキとたっぷり野菜のプレート

鶏ムネ肉を煮込みステーキにして素揚げ野菜と組み合せたヘルシーなプレート

お肉屋さんを探す

  • 地域から探す
  • こだわり条件から探す
  • お得なギフト券・クーポン券のあるお店

今月のお肉屋さん

藤巻商店1

(株)藤巻商店

167-0043
杉並区上荻1-9-1 タウンセブンB27


美味しいお肉は専門店で♪

食肉組合のマスコットキャラクターモグモグ

こんにちは。ボクたちは食肉組合のマスコットキャラクターです。
ボクの名前はモグモグ。お姉さんの名前はメイプル。
組合員のお店で買い物すると、手提げのビニール袋や包装紙に印刷されているよ。

東京都食肉生活衛生同業組合/東京都食肉事業協同組合

電話でのお問い合わせ 03-3471-6161

ご相談・お問い合わせ


営業時間 9:00~17:00 定休日:土曜・日曜・祝祭日

MAP〒108-0075
東京都港区港南2-7-19 東京食肉市場センタービル811