東京都食肉事業協同組合は、東京都内のお肉屋さん紹介を行っています。おいしくお肉を食べようよ!

  • twitter
  • facebook
  • お知らせ
  • 組合紹介

組合員専用ページ

お肉屋さん紹介

小島精肉店

DSCN2990

特選肉を取り扱うお店

人気のお総菜のお店

小売業・卸業のお店

豚肉を取り扱うお店

鶏肉を取り扱うお店

 「良い音するよ」。スイッチを入れたスライサーが小島精肉店(小島利夫社長、豊島区池袋本町)の店内で、会話の声も聞こえないほどの轟音を立てる。機械を触るのが好きな小島さんが調整してみたところ、モーターのベアリングの具合が悪いらしい。数十年も使い込んでの現象ではなく、10年前に中古で買ってからのものと。しかし、お店にはその轟音よりも賑やかな繁盛の歴史があった。

店主より一言

店舗情報

営業時間 9:00~20:00(日曜日定休)
連絡先 TEL:03-3981-4415
FAX:03-5954-5619
住所 〒170-0011 豊島区池袋本町4-17-3

店舗PR、お知らせなど

DSCN2961

きれいなサシの入った牛肉を手に調理のコツなどを語る

 東京オリンピックが行われた昭和39年に開業。現在の屋号に改める昭和48年まで「住吉」として、東武東上線下板橋駅から伸びる商店街に店舗を構えた。駅から徒歩3分と立地条件が良く、人通りも多かったため、夕方にもなると買い物の順番を争うお客で列ができるほどに繁盛した。

 お店のレイアウトにも配慮した。道路に面した店舗の角は多くの人の目に触れるので、すっきりときれいに。細切れ肉の盛り付けは、ボリューム感を出してショーケースへ。肉が美味しそうに見えるよう、種類に応じた配置も心がけた。さまざまな点に見栄えがするよう工夫すると、それらが売り上げにつながっていく手応えがあった。

 近隣にスーパーが進出した際には店内に出店を促され、売り上げはさらに増加。暮れには鶏モモ肉を前日に用意しても、すべて売り切れるほどの繁盛ぶりに。
DSCN2974

政子さんが手際よく惣菜メニューを用意する

質とトークで勝負

 「サシが白く入って、きれいでしょ。焼肉にすると最高だよ」

 上質な牛肉を手に、小島さんが品質の良さと食べ方を語る。ショーケースには北海道、宮城、福島、広島と、A5の牛肉は多彩な産地のものが。赤身と脂のバランスの良い、つやのある豚肉と鶏肉も店頭を彩る。

 料理に詳しくないお客でもお肉の美味しさが楽しめるよう、料理に合わせた食べ方を提案。そのため、冬の定番であるしゃぶしゃぶ用の肉は、夏でも良く売れるように。牛肉の細切れには牛脂を加えるようアドバイスするなど、コツを説明すれば売れていくし、また買いに来てくれると、対面販売への確信がこもる。

 「質で勝負しないと。価格ではスーパーに適わないから」

 さらに自信を持って勧めるのは、豚ロースの味噌漬けだ。茶褐色で香り高い味噌は、いろいろと自らアレンジしてたどり着いた味。フライパンなどで焼き、肉を噛むたびに香ばしく焼けた味噌の旨みと脂の甘さが溶けあう。他店や通販で取り寄せたものと比べても引けを取らず、故郷へ送るお客もいるほど好評を得ている。

 惣菜類をそろえるのは、妻・政子さん。作業場の端でコンパクトにまとめられた調理道具と食材を手に、下ごしらえに励む。メニューは「気まぐれで作るから、出来上がるまで何だかわからない」。煮物、シュウマイなど、晩ご飯のおかずにふさわしい、家庭的なものばかりだ。揚げ物はコロッケ、メンチの定番から、串カツ、カレーコロッケ、アジとイカのフライなどと豊富で、唐揚げは一番人気。

 近隣は住宅街で庶民的な町なので、お店の雰囲気から商品まで、親しみが持てるものばかり。「来てくれたお客には、なるべくサービスする」小島さん夫婦の人柄も加わって、地域の常連客は散歩の寄り道に、若い主婦は保育園のお迎えの途中に寄っていくなど、長年にわたりリピーターとなっている。

 以前、アメリカンドッグを販売していると、「ゴキブリが入っていた」とクレームが。本当に入っていたなら、アメリカンドッグの形から一目でわかるはず、と訴えても保健所へ通報された。しかし、保健所の反応は「小島さんが、そんなことするはずない」と。日頃の仕事への誠意と、保健所の役員も務めたりする貢献ぶりで、縁をした人たちから信頼を得ていることを証明する出来事だった。

区画整理が間近に

 そのようなことを積み重ねて、今年で53年。現在、大きな転機に直面している。目の前の道路が拡張工事の対象となり、近隣の店舗や住宅の立ち退きが決まった。幸い同店は残るものの、約800所帯が移転を余儀なくされる。今までの常連客にも影響がありそうだ。

 しかし、現在のお客は近隣よりも遠くから来ることが多く、商店街が賑やかだったころの常連客も顔を出す。小中学校の頃に通っていたという主婦が昔を懐かしみ、来店することも。

 拡張後は、交通量が多くなるであろう道路に店舗が面することになる。それだけに、多くの人の目に触れ、新しい可能性も生まれそうだ。

 「やめるのは簡単だけど、来てくれるお客さんを大事にしてきたから」

 開業時に行われた東京オリンピックが、近年再び。その時にも、競技の歓声の大きさに負けないスライサーの轟音が響いているに違いない。

【「東京食肉新報」平成29年(2017年)11月号掲載】

前のページに戻る

レシピ紹介

レシピ1

牛ミルかつ&鶏ハンバーグのダブル弁当

かつは牛切り落としを重ね、ハンバーグは人気の鶏ムネ肉を

レシピ1

牛プチカット・ビフテキ(レモン風味)

ブームで生まれた極厚の食感を活かしたステーキ

レシピ1

手羽元と野菜のスープ煮

肉と野菜の煮込み料理をスープ煮で手軽に美味しく

レシピ1

牛バラ肉・カルビ焼きプレート

牛肉の味を引き出してガロニと組合せた一品

レシピ1

ポテトサラダinハンバーグ

肉と相性の良いポテトサラダの組み合せでボリューム感を

お肉屋さんを探す

  • 地域から探す
  • こだわり条件から探す
  • お得なギフト券・クーポン券のあるお店

今月のお肉屋さん

DSCN2990

小島精肉店

170-0011
豊島区池袋本町4-17-3


美味しいお肉は専門店で♪

食肉組合のマスコットキャラクターモグモグ

こんにちは。ボクたちは食肉組合のマスコットキャラクターです。
ボクの名前はモグモグ。お姉さんの名前はメイプル。
組合員のお店で買い物すると、手提げのビニール袋や包装紙に印刷されているよ。

東京都食肉生活衛生同業組合/東京都食肉事業協同組合

電話でのお問い合わせ 03-3471-6161

ご相談・お問い合わせ


営業時間 9:00~17:00 定休日:土曜・日曜・祝祭日

MAP〒108-0075
東京都港区港南2-7-19 東京食肉市場センタービル811