東京都食肉事業協同組合は、東京都内のお肉屋さん紹介を行っています。おいしくお肉を食べようよ!

  • twitter
  • facebook
  • お知らせ
  • 組合紹介

組合員専用ページ

お肉屋さん紹介

吉野屋

DSCN1499

卸業のお店

人気のお総菜のお店

 お昼前になると、お弁当の注文の電話が頻繁に鳴る。容器を出しては、おかずやご飯を詰め込んで、温かいうちに配達へ。精肉店だからできる上質の肉料理が入った吉野屋(山下敏男社長、台東区台東)のお弁当は、近隣の住人や会社員から人気だ。その中には、美味しさだけでなく、父・正男さんから続く料理への職人魂も詰まっている。

店主より一言

店舗情報

連絡先 TEL:03-3831-1314
FAX:03-3831-1314
住所 〒110-0016 台東区台東3-32-3 

店舗PR、お知らせなど

DSCN1467

昭和10年に新築した店舗の当時の写真

異業種から精肉店

 お店の奥から、額縁に納められたセピア色の写真が出てきた。「この建物ができた当時のものなんです」と指さしたのは、90歳になっても店頭に立つ山下さんの母・まさこさん。写真は、昭和10年に新築された店舗。東京大空襲の中を奇跡的に焼け残り、戦後に改装がされ現在でも同じ建物を使っている。

 吉野屋の歴史は、それより少しさかのぼった大正13年に始まる。長野から上京した祖父・今朝吉さんが入谷で精肉店の修業し、昭和2年に御徒町で独立。その後、現在の店舗を建て、精肉や惣菜類の販売で繁盛した。

 正男さんは、元は目黒雅叙園で腕を振るっていた洋食の料理人。昭和31年に日本橋蛎殻町で精肉店を開業し、料理人時代の仲間の紹介もあり卸し先が増加。料理のプロなので、作ったカレーは大人気となり、正月以外は休まずに営業するほどに。昭和38年には今朝吉さんの代わりとして、吉野屋を継ぐことになった。

 顧客を増やし、順調に業績を伸ばす中で、山下さんが就いた仕事は建設設計だった。30歳には事務所を設立し、マンションやテナントビルなどを手掛ける。やがて、チェーン展開するレストランの店舗の設計とインテリアデザインなどに携わっているうち、山下さんに変化が起きた。

 「これからの時代、持ち帰り弁当のような中食の需要が伸びていく」

 この直感を正男さんに話すと、正男さんも同じことを考えていた。洋食の料理人の経験を持つ父、店舗設計で時代を読んだ子。ともに精肉店とは出発点が違う者同士の発想で、吉野屋に新たな可能性を生みだそうとしていた。今から約30年前の「吉野屋のお弁当」誕生の瞬間だ。
店2

上質な肉の美味しさが生きた料理を手早く調理

プロの味のお弁当

 「レストランの味と雰囲気のお弁当」がコンセプト。「安かろう」では納得できない正男さんは、「良いもの、美味しい、安い」を心がけて数々のお弁当を料理人の魂を込めて作りあげていった。それを、山下さんは見よう見まねで調理。料理人が持つ勘で加える調味料は大人数分の調理になると難しく、正男さんの作業の合間に分量を量るなどしてノートに記録。こうして作ったレシピはいつしか数えきれないほどに。

 設計の仕事の経験も役立った。携わったレストランで厨房を見る機会が多くなり、調理のノウハウは自然と備わっていく。それよりも、「食べるのが好き」という才能で料理の腕が磨かれていった。

 お弁当のおかずは、長年のレシピから拾い上げる。肉、魚、野菜をバランス良くそろえ、ボリューム感とヘルシーさを意識。女性や年配者の好みに耳を傾け、肉の脂分を落とすなど細かい配慮を忘れない。ガッツリ食べたい男性にはヒレカツ弁当やステーキ弁当など、精肉店らしい肉料理を入れたお弁当を手頃な価格で提供する。

 このほか、日替わりの「サービス弁当」は、ポークソテーやハンバーグなど、ちょっと贅沢なメニュー。季節の素材や豊富な揚げ物類を詰めたお弁当を600円前後でそろえる。中には「社長弁当」「和牛ステーキ弁当」と、名前だけで豪華さが伝わるものも。

 レシピの開発も忘れない。ボイルした鶏もも肉にシンガポール風のソースをかけた「海南鶏飯」は、山下さんのお気に入りだ。
店3

まさこさん、明恵さんも連携してお弁当を短時間で作り上げる

美味しさに頑固さ

  お弁当を始めた当時は少なかった競合店が、最近ではコンビニをはじめに増えてきた。さらに人口の減少など厳しい環境になりつつある。それでも、山下さんが親子で作りあげたお弁当メニューは、店頭で、電話の注文で、根強い人気を得ている。年末年始のおせち料理やパーティーのオードブルは企業からの注文が絶えない。

 仕込みをした肉料理や惣菜類を、山下さんが調理し、まさこさんが容器に詰め、妻・明恵さんが白米を盛り付けて包装。店頭で注文を受けてから、手渡すまで5~10分。その間の手早さに加え、親しみを込めて語る会話が、お弁当への心の調味料となっている。

 「コスパ(費用対効果)が悪くても、安いのでやるとうまくいかないんです」

 美味しいものとお客の笑顔を追求する頑固さ。その思いが80年の歴史を持つ店舗にさらなる風格を備えさせているようだ。


【「東京食肉新報」2016年(平成28年)11月号掲載】

前のページに戻る

レシピ紹介

レシピ1

牛ミルかつ&鶏ハンバーグのダブル弁当

かつは牛切り落としを重ね、ハンバーグは人気の鶏ムネ肉を

レシピ1

牛プチカット・ビフテキ(レモン風味)

ブームで生まれた極厚の食感を活かしたステーキ

レシピ1

手羽元と野菜のスープ煮

肉と野菜の煮込み料理をスープ煮で手軽に美味しく

レシピ1

牛バラ肉・カルビ焼きプレート

牛肉の味を引き出してガロニと組合せた一品

レシピ1

ポテトサラダinハンバーグ

肉と相性の良いポテトサラダの組み合せでボリューム感を

お肉屋さんを探す

  • 地域から探す
  • こだわり条件から探す
  • お得なギフト券・クーポン券のあるお店

今月のお肉屋さん

DSCN2990

小島精肉店

170-0011
豊島区池袋本町4-17-3


美味しいお肉は専門店で♪

食肉組合のマスコットキャラクターモグモグ

こんにちは。ボクたちは食肉組合のマスコットキャラクターです。
ボクの名前はモグモグ。お姉さんの名前はメイプル。
組合員のお店で買い物すると、手提げのビニール袋や包装紙に印刷されているよ。

東京都食肉生活衛生同業組合/東京都食肉事業協同組合

電話でのお問い合わせ 03-3471-6161

ご相談・お問い合わせ


営業時間 9:00~17:00 定休日:土曜・日曜・祝祭日

MAP〒108-0075
東京都港区港南2-7-19 東京食肉市場センタービル811